旦那に稼ぎが少ないことを自覚させる4つの方法【危機感ゼロ!】

この記事では、稼ぎが少ないことを旦那さん本人に自覚してもらう方法を伝授します。

約 4 分でサクッと読めます。

  • 家計がマイナスなのに旦那は危機感ゼロ
  • 給料が少ないのに金遣いの荒い旦那をどうにかしたい
  • お金がな無いのにプライドが高く見栄っ張りの旦那
  • 裕福な実家にいたころの感覚が抜けない旦那にイライラ

お願いだから自分の給料が少ないことを自覚して!

将来子供に必要なお金や老後のことも考えると心配ですよね。
あなたの心配をよそに、自分の家が金銭的に苦しいことをまったく解っていない「のんき」な旦那さんにイライラ・・・。

そんな旦那さんも、自分の稼ぎが少なさを自覚すれば仕事にも積極的になるし、節約にも協力してくれるようになるはずです。

言いにくいからとこのまま放っておいても未来は何も変わりません。

本気で将来に備えたい、貯金をしたいと思っているのであれば、旦那さんに稼ぎの少なさを自覚させ、危機感を持ってもらいましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

旦那に稼ぎが少ないことを解らせる方法

「あなたは稼ぎが少ないんです!」なんてストレートには言いにくいですよね。

給料が少ないことを、旦那さん自身に察して貰う方法は以下の通りです。

暮らしのレベルを変える

頑張っているのは知ってるから傷付けたくない!

そんな優しいあなたは、生活レベルを分かりやすく下げてみるのはいかがでしょうか。
ストレートに伝えるより時間はかかりますが遠回しに伝えることは可能です。

旦那が気付くまで生活レベルを少しづつに下げる

「本当にお金が無いんだな・・・」と分からせるために、少しずつおかずを減らすとか、いつも同じ服を着てみるとか、旦那さんに「なんで?」と聞かれるレベルまで徐々に生活レベルを下げてみましょう。

数ヵ月続けば「そんなにお金足らないの?」といくら鈍感な旦那さんでも気付くはずです。

質素に暮らせば貯金もできて一石二鳥!

直接伝えるときは言い回しに気を付ける

生活レベルを下げることで気付いてくれるような旦那さんなら良いのですが、そうじゃない場合は直接伝えなければなりません。

ただ、その際の伝え方には細心の注意が必要です。
旦那さんのプライドを傷付け、やる気を無くしてしまっては余計に家計が厳しくなる危険があります。

男は無駄にプライドが高い生き物です。

  • 給料が少ない
  • 家計が厳しい

など、ストレートに言いたい気持ちは分かりますが言い方に気を付けましょう。
旦那さんが毎日真面目に仕事を頑張っているならなおさらです。

前提として感謝の気持ちは必ず伝える

「いつも家族のために頑張ってくれてありがとう」

最初にこの一言があるだけで旦那さんの受け取り方は全然違います。
立てるところは立ててあげて、プライドを傷付け、やる気を失わないように、なるべくソフトな表現で伝えましょう。

あなたにおすすめの記事
話し合いたいのに旦那が話を聞いてくれない時は旦那が話を聞いてくれない時の対処方法を読んでください!

旦那が話を聞いてくれなくて悩んでいるあなたへ、この記事では旦那さんが話を聞いてくれない時の対応方法を伝授します!ぜひ最後まで読んで、旦那さんの空返事やスルーにイライラする日々を終わりにしましょう!

家計簿を分かりやすい表にしてみせる

分からせないといつまでたっても自覚も危機感も無いまま現状が続くだけです。
給料が少ない事実を自覚させるために「給料-支出=」の表を作りましょう。

自分の知らないところで出ていくお金には興味・関心が無い、という男性は多いです。

関心が無い旦那さんにも、分かりやすい表にして見せることで、月々どれくらい必要なのかを直感的に分からせることが可能です。

いきなり詳細を見せない

いきなり細かい項目と金額が書かれた家計簿を旦那さんに見せると「なんか難しそう、めんどくさそう」と拒否反応を示してしまいます。
イラッとして話を遮断する旦那さんもいることでしょう。

まずはシンプルに「給料-支出=」の表を見せることで、めんどくさそうな数字に対するハードルを下げます。
その下げに下げたハードルを越えることで、次のハードル「細かい項目と金額」にスムーズに進めます。

直感的にわかるざっくりした表を見せて、聞かれたら詳細を見せましょう。

詳細は普段からあなたが家計簿を付けているならそれで充分です。

お金の専門家に相談する

ファイナンシャルプランナーなどのお金の専門家に診断してもらうのもおすすめです。
旦那さんだけではなく、あなた自身も知らなかった家計の問題にも気付くことができるかもしれません。

専門家から客観的に「今のままでは生活費が足りなくなります」と言われれば、いくら家のお金に無頓着な旦那さんでも危機感を抱いてくれるはずです。

相談には旦那も同席させる

また相談するときはあなただけではなく、旦那さんも同席させてください。

あなたが間に入り専門家に聞いたことを旦那さんに伝えることも可能ですが、めんどくさい数字の話はまず聞いてくれません。
また、言い返されたときにあなたでは反論ができません。

専門家の話を聞くときは必ず旦那さんも一緒に!

まとめ:まずは遠回しにアピール、気付かないならソフトに伝える

  • 暮らしのレベルを変える
  • 直接伝えるときは言い回しに気を付ける
  • 家計簿を分かりやすい表にしてみせる
  • お金の専門家に相談する

旦那さんに稼ぎの少なさを解らせるためには、まずは徐々に生活レベルを落として様子見。
それでも分からないなら言い回しに気をつけて、感謝を強調しつつソフトに伝えることが大切です。

また具体的な家計簿を見せるときはいきなり詳細を見せずに簡単な表を作ってそれを見せましょう。
いきなり詳細を見せると旦那さんの「めんどくさいスイッチ」がONになってしまいます(笑)

どうしても分かってもらえないときはファイナンシャルプランナー等のお金の専門家へのご相談をおすすめします!
あなたですら気付いていない家計の問題にも気付くことができますよ!

もうあなた一人で家のお金について悩まなくてもいいんです。

旦那さんも自分の稼ぎでは足りないことが分かれば、より仕事を頑張ったり、日々の節約にも協力してくれるようになるはずです。

家族の将来のためには夫婦の協力が不可欠です!

以上、「旦那に稼ぎが少ないことを自覚させる4つの方法」でした。

あなたにおすすめの記事
稼ぎが少ないなら小遣いを減らしてもいいんじゃないの?
というわけで旦那の小遣いを減らす方法も要チェックです(笑)

旦那の小遣いを減らしたいあなたへ、揉めることなく上手に減額する方法を伝授します!下手な減額交渉は喧嘩の原因になったり、旦那さんがやる気を無くしてしまう危険性も。小遣いの減額に失敗しないためにもぜひこの記事を読んでください!
スポンサーリンク

シェアする

フォローする