産後の旦那嫌い「産後クライシス」を克服する4つの方法【とにかく嫌い!】

恋愛中はあんなに好きだったのに、結婚して長男を出産後、夫のことを気持ち悪いと思ってしまうようになってしまいました。

長男もそろそろ2歳になるのですが、この2年間(妊娠中を含めるとほぼ3年間)夫婦生活どころか、一緒に寝たり、ちょっと触れられるのもものすごく苦痛です。

このままでは夫に申し訳ない。
夫を受け入れたいのですが、それがどうしてもできません。

普通に仲は良いし、離婚したいわけではありません。
ただ夫を男として見れない、それどころか嫌悪感まで抱いてしまっている自分に戸惑っています。

質問者様はいわゆる産後クライシスという状態ですね。

ホルモンバランスの変化や、旦那さんが家事や育児への非協力など、原因は様々ですが、女性にとって、産後すぐに次の子供を妊娠するのは身体的にも体力的にも非常にリスクがあります。
また生まれたばかりの赤ちゃんを守りたい、という本能が働きます。
本能的に「大切な赤ちゃんの育児と妊娠との両立」を避けてるわけですね。

もちろん個人差がありますが産後1~2年の間、あんなに好きだった旦那さんが気持ち悪く感じてしまうようです。

本能だから仕方がないんです。

仕方がないとはいえ旦那さんが奥さんがこの状態になっていることを理解してくれれば良いのですが、そんな物分りの良い男性は実際には少なく「妻はもう俺に興味がない、俺は妻に嫌われている」と思い込んで、夫婦仲も悪くなり、家の外に癒やしを求め、家に帰ってこなくなったり、最悪離婚の原因になってしまうケースも多々あります。

実際子育てが落ち着くと、また旦那さんのことを元通り愛せるケースがほとんどですが、このままにしておくとその状態に戻る前に離婚ということになってしまう可能性もあります。

まずは「私はこういう状態になっている」ということを旦那さんに理解してもらうことが大事です。
その上で、お互い歩み寄れるところは歩み寄って、この産後クライシスを乗り切りましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

夫が気持ち悪くなった時の間違った対処方法

本能だから仕方がない

確かにそうですが、だからといってこのままにしておくのは非常に危険です。
旦那さんとはこれから何年も生活を共にするわけですから、正しく対処し、夫婦で乗り越える必要があります。

正しい対処法を知る前に、まずはやってはいけない対処法を知って下さい。

1.「そんなにしたいなら外で発散してきて」と伝える

気持ちはめちゃくちゃ分かりますが(笑)それを言ったらおしまいです。

言われた旦那さんはこの発言を一生忘れないと思います。
あなたの産後クライシスが落ち着いて、忘れた頃に浮気される危険があります。

離婚したいなら別ですが、その「離婚したい気持ち」も今だけかもしれません。
一時の感情でいった何気ない一言が後から大きな問題になってしまうかもしれません。

発言には気をつけましょう。

2.夫と寝室を別にする

そんなに気持ち悪いなら子供を言い訳に寝室を別にするのもありかもしれません。

しかしちょっと考え直して下さい。

産後に旦那さんのことが嫌いになる原因はなにも本能的な部分ばかりではありません。
育児の不参加、子育てに対する理解の無さから嫌いになっているケースもしばしば。

寝室を別にしてしまうと旦那さんが「父親」としての自覚に目覚めるチャンスを奪ってしまう可能性があります。

夜泣きや寝かしつけなど、子育てを通して一緒に苦労することで、旦那さんに父親としての自覚が芽生え、またあなたにとっても「頼れる素敵な夫」という大切な存在になるのです。

というわけで、安易に寝室を分けることをおすすめしません。

3.時が解決するのを待つ

たしかに解決はできます。
子供が大きくなればあなたにも余裕ができ、旦那さんを受け入れることができるようになるでしょう。

しかし、今現在苦しんでいるのはあなただけではありません。

あなたは後数ヶ月で気持ちも元に戻るだろうと思っているかもしれませんが、それまで旦那さんが持つ保証はどこにもありません。

旦那さんの限界は1年先?半年先?1ヶ月先?
いえ、もう今日が限界かもしれません。

ここまでは間違った対処法をお伝えしました。

間違った対処法は問題を先延ばしにするだけです。
先延ばしにした問題はどんどん大きな問題に成長していきます。

家族にとって大きな問題になってしまう前に↓を参考に正しく対処して産後クライシス期を乗り切りましょう!

夫が気持ち悪くなった時の正しい対処方法

それではここから、産後クライシスで旦那さんのことが気持ち悪くなってしまった時の正しい対処方法を紹介します。

↑でも書きましたが、あなたはまだ大丈夫でも、旦那さんは今日が限界かもしれません。
大きな問題に成る前になるべく早く対処する必要があります!

1.子供を夫に預ける

子育ては母親であるあなた一人の仕事だと思い込んでいませんか?
子育ての責任をあなたが全て背負い込んでいませんか?

たまには旦那さんに子供の世話をしてもらい、あなたは美容室やショッピングにでかけリフレッシュしましょう。

あなたは気分転換することで気持ちに余裕ができ、旦那さんに対するイライラも多少は解消できるでしょう。
そして旦那さんも育児に参加することであなたの大変さがわかります。

—-
子供は2人で育てるものなので、子供の父親である夫に「預ける」という表現は、私は好きではありませんが、便宜上ここでは「預ける」と書いています。
—-

2.第三者に子供を預けて夫とデートをする

あなたか旦那さんのご両親に子供を預かってもらい、旦那さんと2人で映画やショッピングにでかけるのも有効です。
じいじ&ばあばに預けるのが難しい場合は託児所、ベビーシッターなどの育児サービスを利用しましょう。

一瞬ですが子育てから開放されリフレッシュができます。
そして2人でデートすることにより、恋人時代を思い出し、旦那さんの良いところを再発見できるかもしれません。

大っキライな夫とデートなんて絶対ムリ!

という気持ちは分かりますが、ここはあなたと子供のためだと思ってがんばりましょう(笑)

3.話し合いをしてお互いに少し歩み寄る

子供を預けてリフレッシュするのも大切です。
恋人時代の恋心を思い出すのも大切です。

ですが、一番の解決方法は、話し合いをすることです。

今の正直な気持ちを旦那さんに話してみませんか?

今のあなたの現状を旦那さんに分かってもらうことです。

「今は子育てでいっぱいいっぱいでそういう気持ちになれないし、嫌悪感を抱いてしまうこともある。一段落したらちゃんと元に戻るから今はごめんね。」

というふうに言葉にして伝えてください。
男性にはハッキリと言葉にしないと伝わりません。

もちろん旦那さんの気持ちも分かってあげて下さい。

あなたが旦那さんに嫌悪感を抱くのは子供を守るための本能で仕方がないことです。
しかし、旦那さんがあなたを求めるのも本能なので本人にはどうしようも無いことなのです。

どちらかが100%我慢するのではなく、50%ずつの負担にするイメージで歩み寄って下さい。

4.ホルモンのせいだと割り切る

そもそも産後の旦那嫌いはホルモンバランスの変化のせい。
そう、あなたや旦那さんが悪いわけではないんです。

誰も悪くない、ということを理解して、旦那さんのせいでもないで、もちろんあなたも悪くないんだから責任を感じて必要以上に考え込んだりモヤモヤしないこと。

旦那さんにイラッとしても、「なんでこんなのと結婚したんだろう」と思っても

「あ~またホルモンが悪さしてるな~」

と割り切って考えるようにしましょう。
気持ちに余裕ができて、だんだんと旦那さんにも優しく接することができるようになります。

まとめ.最初の一歩は夫に今の気持ちを伝えること

旦那さんを気持ち悪く感じることは異常なことではありません。

時間が解決することですが、かといってこの問題をそのままにしておくのはとても危険です。
大きな問題になってしまう前に話し合ってあなたの気持ちを言葉にして伝えましょう。

その上で、旦那さんに子供を預けてリフレッシュしたり、どちらかのご両親に預けて恋人時代の様に2人でデートしてみたりして下さい。

これから何年も一緒に暮らしていく夫婦です。
今回のようなトラブルはこれからいくらでも起こります。
その度に夫婦で力を合わせて乗り越えていく必要があります。

気持ちを伝えるには勇気がいります。
あなたのため、旦那さんのため、そして何より可愛い子供のために、勇気を出して正直に話してみましょう!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする